メダマアルアル...??これ、なあに?

| コメント(0)
メダマアルアル、目玉あるある?

皆さん、この言葉聞いたことありますか?

実は私は最初に聞いたのはどこだったか
忘れてしまいましたが、生徒さんから、久
しぶりに聞いて、ブログに載せよう!っと
思ったところです。

英語の動詞には自動詞と他動詞があり
ます。動詞のすぐあとに(副詞を挟む場
合もありますが)目的語である名詞が来
るのが他動詞。動詞で文章が終わる場
合もある(これまた副詞がくるときもある)
が、名詞を直で置くことはできず、つなぎ
に前置詞を挟まないと名詞を持ってこら
れないのが自動詞です。

分かりにくいかもしれないので例を出します。

(A) He came into the room.

(B) He entered the room.

この(A)(B)はいずれも、
「 彼はその部屋に入った。」です。

come:自動詞
enter:他動詞

なので、(A) にはinto などの「中へ」
を意味する前置詞が必要になるわけです。

逆に、enter の後には前置詞を付けては
いけないのです。

ところが、どういう訳か、enter の後ろに前置詞
をつけたくなるとがあるようです。

実際私も、一瞬、前置詞を
入れたくなる時がかつてはありました。


そこで、ここで例に挙げた「enter」のように、
前置詞を入れたくなるが入れてはいけない
他動詞をひっくるめて覚えてしまえる呪文を
ご紹介します。

それが、

「目玉あるある」です!

medamaRR と書きます。

m:marry ~と結婚する
      (Will you marry me?) 

e:enter ~に入る
     (enter the room) 

d:discuss ~を話し合う
     (discuss the matter)

a:approach ~に近づく
     (approach him) 

m:mention ~を言う
     (mention it to her)

a:attend~に出席する
     (attend a meeting)

R:reach~に達する
     (reach the hotel )

R:resemble~に似ている
(She resembles her sister in appearance)

ただ、上記のほとんどに、自動詞としての
使い方もあります。

最も一般的な使い方では、他動詞として
使う、ということす。英語は奥が深いですね。

まずは、一般的な使い方スターしましょう。




 

コメントする

このブログ記事について

このページは、mc-englishが2017年7月22日 14:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Cherry blossoms」です。

次のブログ記事は「語学習得のベースは暗記!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。