英語のヒントの最近のブログ記事



英語で何かの名詞に形容詞を付ける
のに、複数つけたくなる時がありますよね。

日本語で言うとしたら、例えば、

「昨日、マイクが、彼の父親の、黒く
て、とても新しく、高額な、アメ車を
運転しているのを見たわ!」

思いつくままに書いてみましたが、

①彼の父親所有の 
②黒い
③とても新しい
④高額な
⑤アメリカ産の

この5つを "car" の前につけなくては
なりません。

このままの順番ではよろしくないんで
すね、英語の場合は。

そこでどんな順番が良いのか、解説します。

「オプシャコム」で覚えましょう。
英語圏の現地校でもこの様に教わるらしいです。


これは何かというと、


OPSHACOM のことで、これを縦に並べてみます。

(冠詞、所有格)
(数)
(意見)   OP-opinion ...beautiful
(形、大小) SH-shape......round, big
(年齢、新旧)A-age.....old, new, young
(色)    C-color  .........blue, red
(起源)   O-origin   ......American
(材料)   M-materials...wooden

オプシャコムの前に、

「冠詞、所有格」
「数」

を入れました。

冠詞は当たり前かもしれませんが、所有格、
数は迷うかもしれませんよね。

はい、では、最初に書いた、情報たっぷりの
車を形容してみましょう。

I saw Mike driving his father's very 
expensive, brand-new, black, 
American car yesterday!!

ただ、普段、友人と会話をしている時なら、
気にしなくてよいと思います。

フォーマルな文を書くときに思い出してください。



そして、合わせて、覚えておくと便利な
もののリンクを張っておきます。参考にして下さい。



・前置詞をつけてはいけない
       

・ to不定詞はとらず



語学習得のベースは暗記!

| コメント(0)
56.jpg

数か月前に来られるようになった生徒さんが、
TOEICのスコアが上がったと嬉しい報告をして
下さいました。恐らく、授業で使うテキストの
文章の暗記が勝因の一つではないかという
ことです。

何年も勉強している英語ですが、やはり
外国語です。頭で分かっていても口から出し
たり、文の構造を瞬時に理解するのは困難です。

何も考えずに口から出せるよう、集中して暗記
してしまう作業が思った以上に効果を出したの
ではないでしょうか。

改めて、暗記、暗唱の大切さを認識させて頂き、
その生徒さんに感謝です。

改めて、暗記、暗唱の時間を意識的に指導
していきたいと思います。

具体的には、

「今週は覚えてこられませんでした・・・」

に対しては、

「では、折角なので、ここで今、一つ覚えましょう!」

という具合にやっていこうと思います。




メダマアルアル、目玉あるある?

皆さん、この言葉聞いたことありますか?

実は私は最初に聞いたのはどこだったか
忘れてしまいましたが、生徒さんから、久
しぶりに聞いて、ブログに載せよう!っと
思ったところです。

英語の動詞には自動詞と他動詞があり
ます。動詞のすぐあとに(副詞を挟む場
合もありますが)目的語である名詞が来
るのが他動詞。動詞で文章が終わる場
合もある(これまた副詞がくるときもある)
が、名詞を直で置くことはできず、つなぎ
に前置詞を挟まないと名詞を持ってこら
れないのが自動詞です。

分かりにくいかもしれないので例を出します。

(A) He came into the room.

(B) He entered the room.

この(A)(B)はいずれも、
「 彼はその部屋に入った。」です。

come:自動詞
enter:他動詞

なので、(A) にはinto などの「中へ」
を意味する前置詞が必要になるわけです。

逆に、enter の後には前置詞を付けては
いけないのです。

ところが、どういう訳か、enter の後ろに前置詞
をつけたくなるとがあるようです。

実際私も、一瞬、前置詞を
入れたくなる時がかつてはありました。


そこで、ここで例に挙げた「enter」のように、
前置詞を入れたくなるが入れてはいけない
他動詞をひっくるめて覚えてしまえる呪文を
ご紹介します。

それが、

「目玉あるある」です!

medamaRR と書きます。

m:marry ~と結婚する
      (Will you marry me?) 

e:enter ~に入る
     (enter the room) 

d:discuss ~を話し合う
     (discuss the matter)

a:approach ~に近づく
     (approach him) 

m:mention ~を言う
     (mention it to her)

a:attend~に出席する
     (attend a meeting)

R:reach~に達する
     (reach the hotel )

R:resemble~に似ている
(She resembles her sister in appearance)

ただ、上記のほとんどに、自動詞としての
使い方もあります。

最も一般的な使い方では、他動詞として
使う、ということす。英語は奥が深いですね。

まずは、一般的な使い方スターしましょう。




 



目的語に動名詞を取る? to不定詞を取る?
ん~覚えられない!!


おまじないで覚えてしまいましょう!


他動詞の目的語が動作を表す時には少し注意が必要です。

私はスキーをするのが好きだ。」これを英語にしてみましょう。

・I like to ski.
・I like skiing.

この二つの文は同じ意味です。ところが「like」の部分の動詞によって次の種類があります。

①「to 不定詞」のみを取る動詞
②「動名詞」のみを取る動詞
③どちらも取り、意味が同じ
④どちらも取るが意味が変わる動詞

今日はこのうち、②の代表的な動詞を覚えるおまじないを紹介します。
アメリカのESLの先生もこのおまじないで教えていました。

メガフェプスダ~~!!

mind
enjoy
give up
avoid
finish
escape
practice
suggest
deny
admit

initial letter(最初の文字)を縦に読んでみて下さい。megafepsda
 なのです。



それでは例文で確認してみましょう。


I don't mind standing. I don't need a chair.
立っていても平気です。椅子は必要ありません。

 Do you mind me(my) smoking here? 
ここで(私が)煙草を吸っても構いませんか?

I enjoy skiing several times a year.
年に数回、スキーをして楽しみます。

I know I have to give up smoking.
禁煙しなければならないことは分かっています。

I tried to avoid using too difficult words.
難しすぎる単語を使うのを避けました。

Be quiet! He hasn't finished speaking.
静かに!彼はまだ話を終えていませんよ。

He narrowly escaped being captured.
彼は間一髪、捕まらずにすんだ。

The boy is practicing writing his name.
その少年は自分の名前を書く練習をしています。

I'd like to suggest starting now.
もう出発してはいかがでしょう。

She denied doing it intentionally.
彼女はわざとやったのではないと言った。(故意にしたことを否定した)

He admitted (to) having driven the car without insurance. ←「to」を入れて自動詞で使うことも多い
彼は保険なしにその車を運転したことを認めた。

英語 TOEIC  つくば

"OPSHACOM" 形容詞の順番

| コメント(0)
While speaking Japanese, you can say any adjective words in any order before a noun as you come up. In English there's a rule in order. It's worth knowing.

OPSHACOM

OP-opinion    beautiful, nice
SH-shape      round, small, big
A-age            old, new, young
C-color          blue, red, green
O-origin         Japanese, American, Asian
M-materials   wooden, plastic, leather

I bought a small green Japanese cotton coaster. ( 小さな日本製の綿のコースターを買った)

You could keep this rule in mind when writing a formal letter or something. I often just remember the acronym "OPSHACOM", not recalling what each letter stands for... 

日本語では、何かを形容する時、思いつくままに順序を気にせず羅列してもいいのですが、英語ではちょっとしたルールがあります。
友達との会話などで次々と形容する単語が浮かぶ場合などは、気にせず話していいと思いますが、このルールを覚えておくとかしこまった文章を書く際などは助かりますね。

ただ、オプシャコム、までは思い出せても、それぞれが何の頭文字だったか、忘れてしまうんですよね・・(^_^;)

つくば 英語 TOEIC 英会話

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち英語のヒントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは表現です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。