表現の最近のブログ記事

「立ち寄る」何て言います?

| コメント(0)


TOEIC でも頻繁に使われる
表現だと思いますが、とっさ
に出なかったりしませんか?

よく使われるのが

・drop by
・stop by
・come by

です。

ところで、この、"by"、
何でしょう?

受動態には欠かせない
前置詞「~によって」
の意味もありますが、

副詞の
「(人の家などに)
    立ち寄って」

という意味もあるんです。

①Drop by anytime.
いつでも立ち寄って下さいね。


②I dropped by his office to check on the progress.
 進捗の確認のため、彼のオフィスに立ち寄った。



などのように使います。
参考にしてください。









英語で、「~~」を何というか、やはり、和英辞書を引きますよね。
まずは、そうしますよね。

そして私も、昔は辞書に出ている表現の

「troublesome」なんかを使ったりしていました。
もちろん通じていました。

ただ、日本人ってそう言うよね、と思わせてしまったりします。
通じればよい、確かに、それはそうなんです。

が、出来れば自然に聞こえる表現を増やしたいですよね。

面倒くさい、私の知るネイティブは、こう言います。

(I) Can't be bothered.

  煩わされるのは嫌だ~
      ☟
   めんどくさい~~

という感じでしょうか。参考にして下さいね。









*


:
:
:
:
「not unti ~」で、

~まで気づかなかった

という意味になりますが。

「I didn't realize until it was too late.」

これは

「気付いた時には遅かった」というニュアンスも
表現できます。

私はよく、頭の中で考えていることを
英語で言うとどうなるかな?と考えたりします。

ただ、和英辞書は参考にはしますが、そのまま
使うことはしません。

それは、native speakers がよく使う言い回しで
ないことが多いからです。

ドラマや、ニュースなど、ネイティブがネイティブ
向けに発信しているものを参考にしたいので、

日本語にドンピシャ対応する表現に出会った時
はここに紹介して残していきたいと思います。
:
:
:

Just so you know, --- どういう意味? ---

| コメント(0)
:
:
:
Just so you know,  
 よく使われる表現ですが、意味わかりますか?

これは、
「念のため言っておきますが」
「大したことはないんだけど」
「言っておきますけどね」

のような意味です。
少し威圧的だったりするときもありますし、
ニュートラルに、本当に念のため、とか、
大したことではないけれど、という時に
使えます。

<例文>

Just so you know, we are closing one hour earlier today.
(念のためお伝えしますが、本日、1時間早い閉店となっております)

Just so you know, I don't believe what he said.
(言っておくが、私は彼が行ったことを信じていません)

Just so you know, I'm the leader here.
(言っとくけど、ここでは僕がリーダーね)

Just so you know, I can afford to buy a Porsche.
(いう必要ないかもしれないが、ポルシェ1台買う余裕くらいはある).


使ってみましょう!












I thought you'd never ask.

| コメント(0)


I thought you'd never ask.


映画やドラマでたまに聞く表現です。

意味はわかりますか?

「やっと誘ってくれたね」
「待ってました!」

という感じです。

直訳すると、

「もう絶対に誘ってくれないと思ってた」
という感じでしょうか。

和英辞書で「待ってました!」と引いて
もこの表現にはたどり着けないと思います。

このような場面がありましたら是非、
       使ってみてください。

I thought you'd never ask.
  Let's go to the " ○○ "!!
    Sooooo exciting!




***  ***   ***   ***   ***   ***   ***   ***    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち表現カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは英語のヒントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。